それなりに適当にやってます

なんとなくそれっぽいメモとか備忘録とか適当に。 2018年5月にブログ移転しました。 古い記事は未整理です。

RHEL/CentOS7 Python/pyenv のメモ


pythonをビルドするための依存パッケージ郡をインスコ

$ sudo yum install gcc gcc-c++ make git openssl-devel bzip2-devel zlib-devel readline-devel sqlite-devel patch @development

pyenv と pyenv-virtualenv を頂いてくる。

$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
$ git clone git://github.com/yyuu/pyenv-virtualenv.git ~/.pyenv/plugins/pyenv-virtualenv

.bashrc に設定を追加し読み込む

$ cat << EOF >> ~/.bashrc

if [ -d ${HOME}/.pyenv ]; then
export PYENV_ROOT=\"$HOME/.pyenv\"
export PATH=\"$PYENV_ROOT/bin:$PATH\"
eval \"$(pyenv init -)\"
eval \"$(pyenv virtualenv-init -)\"
fi
EOF
$ source ~/.bashrc

使い方

$ pyenv install --list
$ pyenv install 3.4.3
$ pyenv versions : 導入済みのバージョン一覧
$ pyenv global 3.4.3 : 利用しているSHELLで実行可能なPythonを指定バージョンへ
$ pyenv local 3.4.3 : 実行したディレクトリで利用出来るPythonを指定バージョンへ
$ pyenv virtualenv 3.4.3 sandbox
$ pyenv local sandbox : virtualenvで環境を作成(使い方はVirtualenvと同じ)
$ pyenv uninstall sandboxl