それなりに適当にやってます

なんとなくそれっぽいメモとか備忘録とか適当に。 2018年5月にブログ移転しました。 古い記事は未整理です。

AWS ソリューションアーキテクト プロフェッショナル認定 取得

表題そのままだけど 9月3日(月) に AWS ソリューションアーキテクト プロフェッショナル認定 を取得しました。

以下、利用したサービス・資料などのメモです。

参考資料・サービス

学習に役だったのは下記の 3サイト + 公式模試 です。 費用は全部合わせても1万円かからない程度、結果的に参考書などを買うのと同程度だと思います。

  • Linux Academy - AWS Certified Solutions Architect - Professional Level
    • オンライン講座、英語のみ
    • ビデオ・資料・ラボなど
    • ビデオは字幕なし、ただAWS経験者なら聞き取れる単語が多いので問題ないレベルかと。
  • WhizLabs
    • 問題集、英語のみ
    • 右クリック禁止されてる
  • Jayendra's Blog
    • AWS認定に関わる情報が掲載されているサイト
    • 英語のみ
    • 各サービスの要点・例題・チートシートが掲載されている
    • 一部 Codelabs などへのリンクあり

すべて英語ですが Google 翻訳 などを活用すれば大体読めます。
(多少変な訳され方もするので脳内変換が必要になりますが・・・まあ慣れですね^^;)


学習の進め方

  • "1" をやりつつ、サービスの要点を "3" でも確認
  • ある程度理解できたら "2" の問題集をやる
  • 間違えた問題・サービスを "3" で再確認
  • 自信がついたら公式の模試をやる
    • AWS認定取得済みの人は "特典" で配布されたバウチャーが使えるので公式模試を1回無料で受けられます。
    • WhizLabs 他の問題集と比較すると結構難しく感じます(実際の試験の方がやさしかった・・・)

おまけで Quizlet 利用しました (通勤時や時間のあるときはスマホで Quizlet にまとめた内容を学習)


感想

情報が多かったので、個人的には Google Cloud Architect に比べたら楽でした^^;
また Solution Architect は今年試験が更新されましたが、Professional はまだ更新されておらず、試験で問われる内容も若干古い内容になっています。
Professional の試験も 2018年中 には更新されるという情報をどこかで見た気がするので、認定を取りたいと考えている方は、情報が多い今のうちにやった方が楽だとは思います (ただし新しい情報も追い続けた方が良いと思います)


その他

昨年から今年にかけて下記の認定を取得したので、次は(会社からお金貰える)同じAWS系の認定を取るか、別の何かを目指すのか少し考え中・・・

  • AWS ソリューション・アーキテクト アソシエイト
  • Python 3 エンジニア基礎認定
  • Google Cloud Architect
  • Google Data Engineer
  • LPIC Level 1, 2, 3(304)
  • AWS ソリューション・アーキテクト プロフェッショナル

2018/11 追記

同手順で AWS SysOps アドミニストレータ・アソシエイト も取得しました。
https://www.pochio.net/entry/2018/11/06/174803

以上