それなりに適当にやってます

なんとなくそれっぽいメモとか備忘録とか適当に。 2018年5月にブログ移転しました。 古い記事は未整理です。

[Udemy] Angular 入門講座の備忘メモ

Udemy の 【最新v5対応】はじめてのAngular入門 実践シングルページアプリケーション(SPA)構築 を見たので冒頭の方だけ後で環境を作るためにメモ


  • SPA(シングルページアプリケーション)を作る
  • Angular
    • フルスタックのフレームワーク(テンプレートとかルーティングとか)
    • コンポーネント指向
    • Web標準を意識
    • TypeScript
    • モダンな関連ライブラリ
      • SystemJS : 依存ファイル読み込み
      • RxJS : 非同期処理
      • Zone.js : 非同期処理のコンテキスト管理

環境構築手順(OSX)

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
$ echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile
$ nodebrew help
$ nodebrew install-binary stable
$ nodebrew ls
$ nodebrew use v8.8.1
$ node -v

普段仕事では Linux 上で環境作っているので、実際には 少し前に調べたnvmでの手順 でやる。


講座でおすすめされている Visual Studio Code のプラグイン

  • Angular 2 TypeScript Emmet
  • Angular Essentials
  • Angular Language Service
  • Angular v5 Snippets
    • 今は Angular v6 Snippets
  • angular2-inline

TypeScript Sample (TypeScript Playgroudで実行])

var text: string = 'Hello World.'
var num: number = 9;
var array: string[] = ['hoge', 'fuga']
var object: { [key: string]: string; } = { oppai: 'uderboob' };
var data: [number, string, number] = [0, 'apple', 1000];

var something: any = 'hogehoge';
something = 100;
something = false;

var sample: string | number;

以降で let, const, 型キャスト, テンプレート, 関数, クラスなどのTypeScriptの説明や Angular でアプリ作成の説明になるので Udemy を見て進めた (有料講座なのであとは控える)、まだ途中なので最後まで頑張る。


ほか参考URLのメモ

一通り終わったら何か適当なアプリを作って GitHub に置いとくーぐらいまではしたいかも。

以上