それなりに適当にやってます

なんとなくそれっぽいメモとか備忘録とか適当に。 2018年5月にブログ移転しました。 古い記事は未整理です。

CentOS7.x+Apache2.4+PHP-FPMで SetHandler/proxy を設定できた

今更ネタだろうけど SetHandler/Proxy が バックポートされていて、CentOS7のRPM/Apacheでも使えたのでメモ c⌒っ゚д゚)っφ php を event mpm で動かしたくて調べてたら気づいた

参考URL

環境

外部リポジトリ(remi,epel)の有効化

# yum -y install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm# yum -y install epel-release

Apache+PHP+PHP-FPMの導入・設定

# yum --enablerepo=remi-php56,epel install httpd @php php-fpm php-opcache# cat << EOF >> /etc/httpd/conf/httpd.conf<FilesMatch \.php$>      SetHandler "proxy:fcgi://127.0.0.1:9000" </FilesMatch>  # systemctl enable httpd# systemctl enable php-fpm# systemctl start httpd# systemctl start php-fpm# echo '<?php phpinfo(); ?>' > /var/www/html/info.php# curl localhost/info.php | egrep -i "server api"  =>項目 Server API が FPM/FastCGI である事を確認# php -v  ...    with Zend OPcache v7.0.6-dev 〜 で OPcache も有効な事がわかる

細かいパラメーターについては、後で下記の設定ファイル郡を編集する。

  • /etc/php.ini
  • /etc/php-fpm.conf
  • /etc/php-fpm.d/www.conf
  • /etc/php.d/10-opcache.ini
  • /etc/php.d/opcache-default.blacklist

既定で出力されるログはこの辺

  • /var/log/php-fpm/*

以上