それなりに適当にやってます

なんとなくそれっぽいメモとか備忘録とか適当に。 2018年5月にブログ移転しました。 古い記事は未整理です。

CentOS7.x にNode.js(+nvm/npm)の環境を作る

諸事情でJavaScript/Node.js(以下node)の勉強するためになったのでメモ

参考URL

説明

"nvm"はnodeのバージョン管理をするツール、"npm"はパッケージ管理ツール、nodeのインストールは nvm -> node(+npm)の順番で行い、以後のnode上で動くパッケージの導入・管理をnpmで行う。

nvm のインストール

公式サイトの通りインストール・スクリプトを実行することで、"nvm"本体のダウンロードと、.bashrc に設定か追記される。

$ curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.31.0/install.sh | bash

.bashrc にこんな感じで追記されているので、これを読み込む。

$ tail ~/.bashrcexport NVM_DIR="/home/senokuchi/.nvm"  [ -s "$NVM_DIR/nvm.sh" ] && . "$NVM_DIR/nvm.sh"  # This loads nvm...$ env | egrep -i nvm  =>設定を読み込んでいないので、なにも出力されない$ source ~/.bashrc$ env | egrep -i nvmNVM_RC_VERSION=  NVM_CD_FLAGS=  NVM_DIR=/home/senokuchi/.nvm  NVM_NODEJS_ORG_MIRROR=https://nodejs.org/dist  NVM_IOJS_ORG_MIRROR=https://iojs.org/dist  $ nvm --version0.31.0  

Node.js(node)のインストールと使い方

導入可能なバージョンを確認(ls-remote)し、インストールを行う。 2016年5月時点で v4.4.4 LTS または v6.1.0 Current が最新だったので、とりあえず両方インストールする。

$ nvm ls-remote...v6.1.0  $ nvm install v6.1.0$ nvm install v4.4.4

インストールされた事を確認

$ which node~/.nvm/versions/node/v6.1.0/bin/node$ node -vv4.4.4  

詳しくは "nvm help" で表示可能だが、こんな感じでバージョンを切り替えて実行できる模様

バージョンの切り替え (nvm use )

$ node -vv4.4.4  $ nvm use 6.1.0Now using node v6.1.0 (npm v3.8.6)  $ node -vv6.1.0  

バージョンを指定して実行

$ nvm run 4.4.4 --version

バージョンを指定しサブシェルで実行

$ nvm exec 6.1.0 node --version

既定で利用するバージョンを指定

$ nvm alias default 6.1.0

"npm"の使い方

npm を使い node で使う追加パッケージを管理する。

プロジェクトでインストールするとカレントディレクトリ下に"node_modules"というディレクトリが作成・インストールされる。

グローバルでインストールした場合は ~/.nvm/ 下にある対象バージョンのnodeにインストールされる。
よほど定番かローカルでしか利用しないもの以外はグローバルで入れない方が良さそう。

$ npm --help                                #<-ヘルプの表示$ npm search --help                         #<-オプションのヘルプ表示$ npm --version                             #<-バージョン表示$ npm install -g <package>,<package>...     #<-グローバルへのインストール$ npm install <package>,<package>...        #<-プロジェクトへのインストール$ npm uninstall -g <package>,<package>...   #<-グローバルからアンインストール$ npm uninstall <package>,<package>...      #<-プロジェクトからアンインストール$ npm view <package>                        #<-パッケージの情報表示$ npm ls -g                                 #<-グローバルのパッケージ一覧$ npm ls                                    #<-プロジェクトのパッケージ一覧$ npm init                                  #<-package.jsonの作成

以上