それなりに適当にやってます

なんとなくそれっぽいメモとか備忘録とか適当に。 2018年5月にブログ移転しました。 古い記事は未整理です。

Pacemakerでsystemdリソースの設定

先日Pacemakerのリソース設定を試していたけど、systemd であれば、こんな感じでええんやなぁ。。と分かったので c⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...

## PostgreSQLprimitive prmDBpf systemd:postgresql \      op start interval="0s" timeout="120s" on-fail="restart" \    op monitor interval="15s" timeout="15s" start-delay="15s" on-fail="restart" \    op stop interval="0s" timeout="20s" on-fail="ignore"## MySQLprimitive prmDBmy systemd:mysqld \      op start interval="0s" timeout="120s" on-fail="restart" \    op monitor interval="15s" timeout="15s" start-delay="15s" on-fail="restart" \    op stop interval="0s" timeout="20s" on-fail="ignore"

systemd として指定出来るリソースを一覧とか設定情報は、こんな感じで見れる(基本的に同じようだけど)

# crm ra list systemd# crm ra info systemd:mysqldsystemd unit file for mysqld (systemd:mysqld)MySQL ServerOperations' defaults (advisory minimum):    start         timeout=15    stop          timeout=15    status        timeout=15    restart       timeout=15    monitor       timeout=15 interval=15 start-delay=15

ただこの設定で Pacemaker でリソースを起動した後、systemctl を使ってサービス停止したりすると毎回 daemon-reload 云々言われる(なんでかはまだ未確認)

# systemctl stop mysqldWarning: mysqld.service changed on disk. Run 'systemctl daemon-reload' to reload units.  

以上、c⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...