それなりに適当にやってます

なんとなくそれっぽいメモとか備忘録とか適当に。 2018年5月にブログ移転しました。 古い記事は未整理です。

ZABBIX 3.0.1 のインストール

ものすごく今更感あるけど、一応やったのでメモ

参考URL

導入環境

  • AWS/EC2 (t2.micro)
  • CentOS7 (2016/03/08時点で更新)
  • /dev/sda ... 30GB , /dev/sdb ... 30GB
  • セキュリティポリシーでローカルセグメントの TCP/80,443,3306 (mysql) を開放
  • SELinuxは無効化(disabled)、firewalldは最初から入ってない状態
  • ZABBIX自体の動作要件はこちらを参照

初期設定

/etc/hosts に下記内容を追記、ここでは記述しないが後で冗長化するためVIPや2台目について記述

10.0.1.12     zabbix zabbix.localdomain #(VIP、後でHA構成にしたいので)  10.0.1.13     zabbix1 zabbix1.localdomain  10.0.1.14     zabbix2 zabbix2.localdomain  

EC2/CentOS7のインスタンスにスワップ領域がないのでローカルで追加(t2.microにはインスタンスストアが無いので)、あとCentOS7/XFSの環境なので dd でイメージ作成を行った。

# dd if=/dev/zero of=/swap.img bs=1M count=2048# chmod 600 /swap.img# mkswap /swap.img# swapon /swap.img# echo "/swap.img none swap defaults 0 0" >> /etc/fstab

ZABBIX 3.0.1 のインストール

公式のドキュメントの通り、EPELとZABBIXレポジトリを有効にしてインストールを行う。

レポジトリの有効化

EPELと、ZABBIXレポジトリのRPMをインストールする。

# yum install epel-release -y# yum install http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el7.noarch.rpm -y

まとめてインストール

MariaDB,ZABBIX Agentと、日本語WEBインターフェースもインストールする。MariaDBではなくMySQLにしたい場合はこちらを参考にするなどしてMySQLを入れて下さい。

# yum install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese zabbix-agent @mariadb @web-server @php

データベースの構築

データ・ディレクトリの変更

後でHA構成にするためにディレクトリを作成し、my.cnf の "datadir=" 設定を変える。

# mkdir -p /data/mysql ; chown mysql:mysql $_# vi /etc/my.cnf...#datadir=/var/lib/mysqldatadir=/data/mysql  

サービスの起動

MariaDBを起動、正常に起動してきたら自動起動も有効にしておく。

# systemctl start mariadb# systemctl status mariadb# systemctl enable mariadb

MariaDBの初期設定

"mysql_secure_installation" を実行し、MariaDB/rootパスワードなどの設定を行う。

# mysql_secure_installation

ZABBIXデータベースの作成

ZABBIXが利用するデータベースを作成する。"password" は任意のものを設定する。

# mysql -u root -pMariaDB> create database zabbix character set utf8;  MariaDB> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'password';  MariaDB> exit  

ZABBIX 3.0 で用意されている初期設定用のスキーマを作成したデータベースに適用する。

# cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.0.1# zcat create.sql.gz | mysql -u root -p zabbix

ZABBIXサーバの初期設定

"zabbix_server.conf" にデータベースにアクセスするための情報を設定する。下記の"DBPassword"以外は既定値なので変更しなくても良い。

# cd ~# cp /etc/zabbix/zabbix_server.conf{,.orig}# vi /etc/zabbix/zabbix_server.confDBHost=localhost  DBName=zabbix  DBUser=zabbix  DBPassword=password  

ZABBIXサーバの起動

"zabbix-server" を起動、正常に起動してきたら自動起動も有効にしておく。

# systemctl start zabbix-server# systemctl status zabbix-server# cat /var/log/zabbix/zabbix_server.log# systemctl enable zabbix-server

Apache/PHPの設定

# cp /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf{,.orig}# vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf...# php_value date.timezone Europe/Rigaphp_value date.timezone Asia/Tokyo  

Apacheの起動

"httpd(apache)" を起動、正常に起動してきたら自動起動も有効にしておく。

# systemctl start httpd# systemctl status httpd# systemctl enable httpd

ウェブ・フロントエンドからの初期設定

任意の端末にてブラウザを起動し http:/<IPADDRESS>/zabbix へアクセス、ZABBIXの初期設定を行う。以下、画面の指示に従うだけなので説明は省く。

Welcome

Configure DB Connection

Zabbix server datails

Pre-Installation sumamry

Install

ZABBIXへのログイン

初期設定を終えると、ログイン画面が表示されるので初期ID: Admin / パスワード: zabbix でログインする。

Login

Frontend

以上